ゴルフパフォーマンストレーニング

肩関節の柔軟性がゴルフ飛距離に与える影響とは?

「ゴルフクラブを握る」「スイングをする」といった動作は「脳」から各神経系に指令や伝達を送ることで、ゴルフスイングができるようになっています。 だからこそ世界で活躍するトップゴルファーがスキルアップの練習だけではなく、専⾨トレーナーのもとでゴルフのパフォーマンス向上に特化したトレーニングを⾏なっています。

肩関節の柔軟性がゴルフ飛距離に与える影響とは?

西新・唐人町にあるパーソナルトレーニングジムゴルフトレーニング研究所代表の村上辰美です。お忙しい中、当ブログにお越しいただきありがとうございます。

本日は、ゴルフの飛距離アップにおいて重要な要素の一つである肩関節の関係性についてご紹介いたします。

【結論】

ゴルフで飛距離を伸ばすためには、肩関節の可動域が非常に重要です。肩関節の柔軟性や動きの制限があると、スイングのパワーと正確性が制約されてしまいます。 肩関節はゴルフスイングにおいて大きな役割を果たしています。バックスイング時には肩関節を柔軟に回旋させることで大きな振り幅を作り出し、ダウンスイング時には正確なパスを取るために肩関節の適切な動きが必要です。しかし、日常生活やデスクワークの影響で、多くの人が肩関節の可動域に制限を抱えていることがあります。 ゴルフの飛距離アップを目指すなら、肩関節の可動域を意識したトレーニングを取り入れてください。 柔軟性や動きの制限を改善することで、スイングのパワーと正確性を向上させることができます。

TPI 基礎部分のスクリーニング【可動性と安定性】
身体の関節には安定性(スタビリティ)と可動性(モビリティ)という役割があります。
例えれば、胸椎と股関節の可動性に問題があるがあるゴルフ選手は、腰椎の安定性を高めるアニマルムーブメントなどで体幹や胸椎、股関節の可動性を高める動きをすることが大切です。

【肩関節の可動域に必要な事】

肩関節の可動域を向上させるためには、定期的なストレッチとエクササイズが重要です。肩を回す、上腕を水平に振る、背中を伸ばすなどの動作を取り入れて肩関節の柔軟性を高めましょう。また、マッサージやストレッチングツールを活用することも効果的です。さらに、ゴルフ前のウォームアップで肩関節に特に注意を払いましょう。 例えば、肩を円を描くように回す運動や腕を振る運動を行うことで、肩関節の可動域を活性化させることができます。 肩関節の可動域が広がると、スイングの振り幅が大きくなり、クラブヘッドのスピードが向上します。その結果、ボールの飛距離が伸びる可能性が高まります。

【肩関節のストレッチ】

1. 肩の回旋ストレッチ:腕を軽く振りながら、肩を円を描くように前後左右に回旋させます。反対方向にも同じように行いましょう。

2. 肩甲骨ストレッチ:両手を背中で組み、背筋を伸ばして胸を張ります。肩甲骨を引き寄せるようにして、背中のストレッチを感じます。

3. ラットプルダウン:ゴムチューブやケーブルマシンを使用して、肩幅より広めのグリップで上方に引き下ろします。背中や肩甲骨周辺の筋肉を鍛えることで、肩関節の安定性を高めます。

これらのストレッチやエクササイズを継続的に行うことで、肩関節の可動域を広げることができます。また、ゴルフ前のウォームアップでも肩関節を重点的に動かす運動を取り入れると効果的です。

【飛距離アップトレーニング】

飛距離アップを目指すなら、肩関節の可動域向上に取り組むだけでなく、体の全体的な柔軟性や筋力も重要です。

1.全身ストレッチ:肩だけでなく、体全体の柔軟性を向上させるために全身のストレッチを取り入れましょう。特に腰や背中、下半身の柔軟性はスイングのパワーに直結します。

2.パワートレーニング:スイングに必要な筋力を鍛えるために、パワートレーニングを行いましょう。特に下半身の筋肉(太ももやヒップ)や体幹の筋肉(腹部や背中)を重点的にトレーニングすると効果的です。

3.ゴルフフィットネスプログラム:ゴルフに特化したフィットネスプログラムに参加することもおすすめです。専門のトレーナーがゴルフに必要な柔軟性や筋力、安定性をトレーニングするプログラムを提供しています。

ゴルフ飛距離アップの秘訣は、身体図式(ボディマップ)の理解とトレーニングにあります。身体図式を持つことで、自分の身体の特徴や問題点を把握し、効果的なスイングを実現するための姿勢やバランスの改善に取り組むことができます。

これらのアプローチを組み合わせて取り組むことで、ゴルフの飛距離をアップさせることができます。ただし、怪我を防ぐために無理なトレーニングや過度な負荷は避けましょう。個々の体の状態や能力に合わせたトレーニングを行い、ゴルフスイングのパフォーマンスを向上させましょう。

【まとめ】

ゴルフスイングにおいて肩関節の役割は大きいですゴルフスイングにおいて肩関節の役割は大きいです。肩関節が柔軟であり、十分な可動域を持っていることで、スムーズなスイング動作が可能となります。肩関節の可動域を広げるためには継続的な努力が必要です。毎日のストレッチやエクササイズを習慣化し、肩関節の柔軟性を向上させることを意識しましょう。 最後に、飛距離アップを目指す際は、プロのゴルフコーチやフィットネストレーナーのアドバイスを受けることも重要です。 自身のゴルフスイングの課題や体の特徴に合わせたトレーニングプランを作成し、効果的に取り組ん効果的に取り組みましょう。

ご予約・お問い合わせは、
お電話やメールフォームより受け付けております。

\初心者も大歓迎!/
どんなスコアの方もお気軽にご相談ください

Tel.080-3882-7251
メールフォームからのご予約・お問い合わせはこちら

注意事項

  • お客様⽤の電話です。営業の電話はご遠慮ください。
  • パーソナルトレーニング中は、電話に出れないことがあります。その場合、折り返しこちらからご連絡いたします。
  • ご連絡なしに30分以上遅れた場合は、キャンセル扱いとさせて頂きます。
  • ご予約は前⽇までに御願い致します。

【完全予約制】

〒810-0054
福岡県福岡市中央区今川2丁目11-14
大濠ルッソヴィータ N-1(美整-BISEI-)

営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休

◆電車でご来店の方◆
地下鉄「⻄新駅」「唐人駅」から徒歩10分。
◆お車でご来店の方◆
当ジムには駐車場がございません。
近隣の駐車場をご利用ください。

詳しいアクセスはこちら

ご予約・お問い合わせは、お電話やメールフォームより受け付けております。

\初心者も大歓迎!どんなスコアの方もお気軽にご相談ください/

Tel.080-3882-7251
メールフォームからのご予約・お問い合わせはこちら

注意事項

  • お客様⽤の電話です。営業の電話はご遠慮ください。
  • パーソナルトレーニング中は、電話に出れないことがあります。その場合、折り返しこちらからご連絡いたします。
  • ご連絡なしに30分以上遅れた場合は、キャンセル扱いとさせて頂きます。
  • ご予約は前⽇までに御願い致します。

【完全予約制】

〒810-0054
福岡県福岡市中央区今川2丁目11-14
大濠ルッソヴィータ N-1(美整-BISEI-)

営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休

[電車でご来店の方]
地下鉄「⻄新駅」「唐人駅」から徒歩10分。
[お車でご来店の方]
当ジムには駐車場がございません。
近隣の駐車場をご利用ください。

詳しいアクセスはこちら

TEL.080-3882-7251
メールフォームからのご予約
PAGETOP