ゴルフパフォーマンストレーニング

飛距離アップのカギは肩甲骨の安定性にあり!

このトレーニングの効果は、体幹部の安定性と胸椎の可動性の二つが同時に鍛えることができます。

【飛距離アップのカギは肩甲骨の安定性にあり】

肩甲骨の安定性はゴルフの飛距離向上において非常に重要です。正しい肩甲骨の使い方を身につけることで、スイングの安定性や力の伝達を向上させることができます。以下に、肩甲骨の安定性を高めるためのポイントを紹介します。

まず、正しい姿勢を保つことが重要です。スイング時に肩甲骨を安定させるためには、背筋を伸ばし、胸を張り、肩甲骨を引き寄せるような姿勢を心掛けましょう。正しい姿勢を保つことで、肩甲骨周辺の筋肉が適切に働き、スイングの安定性が向上します。

また、腕や背中の筋肉を意識しながらスイングすることも重要です。肩甲骨の安定性を高めるためには、腕や背中の筋肉を鍛えることが必要です。定期的な筋力トレーニングやストレッチを取り入れて、これらの筋肉を強化しましょう。特に、肩甲骨周辺の筋肉を重点的にトレーニングすると効果的です。

さらに、スイング時には肩甲骨の動きに注意を払いましょう。スムーズかつ正確なスイングを実現するためには、肩甲骨の適切な動きが必要です。スイングの際には、バックスイング時に肩甲骨を引き寄せ、ダウンスイング時には適切なタイミングで解放するような動きを意識しましょう。

TPI 基礎部分のスクリーニング【可動性と安定性】
身体の関節には安定性(スタビリティ)と可動性(モビリティ)という役割があります。
例えれば、胸椎と股関節の可動性に問題があるがあるゴルフ選手は、腰椎の安定性を高めるアニマルムーブメントなどで体幹や胸椎、股関節の可動性を高める動きをすることが大切です。

肩甲骨の安定性を高めるためには、これらのポイントに注意しながら練習を行うことが重要です。また、ゴルフの専門家やトレーナーからアドバイスを受けることも有益です。個々の体の特徴や課題に合わせたトレーニングプランを作成し、効果的に取り組みましょう。正しい肩甲骨の使い方を身につけることで、飛距離を向上させることができます。

【肩甲骨の可動性を向上させるエクササイズ】

肩甲骨の可動性を向上させるエクササイズは、ゴルフの飛距離向上に効果的です。                                   以下に、肩甲骨の可動性を高めるエクササイズと体幹強化の方法を紹介します。

まず、肩甲骨の周りを円を描くように回す運動が効果的です。両手を腰の後ろに組み、肩甲骨の周りを円を描くようにゆっくりと回します。          この運動は肩甲骨の可動域を広げ、柔軟性を高めるのに役立ちます。日常的に継続して行うことで、肩甲骨の安定性を向上させる効果が期待できます。

また、肩甲骨を引き寄せる動作を意識しながら行うロープの引き運動も有効です。フィットネスセンターやトレーニングジムで行えるマシンやケーブルを使用し、ロープを引きながら肩甲骨を引き寄せるような動作を行います。これにより、肩甲骨周辺の筋力を鍛え、安定性を高めることができます。

さらに、体幹の強化も肩甲骨の安定性につながります。体幹はスイング時のバランスや姿勢をサポートする重要な要素です。プランクやクランチなどの体幹トレーニングを取り入れることで、腹筋や背筋、骨盤周りの筋肉を強化することができます。全身の筋力をバランスよく鍛えることで、スイング時の身体の安定性が向上し、飛距離を伸ばすことができます。

胸椎回旋だけでなく、肩甲骨を寄せる内転動作も必要となります。各関節には安定した完成(スタビリティ 関節)、可動性のある関節(モビリティ関節)が存在します。

このトレーニングの効果は、体幹部の安定性と胸椎の可動性の二つが同時に鍛えることができます。

これらのエクササイズと体幹トレーニングを継続的に行うことで、肩甲骨の安定性と可動性を向上させることができます。専門家の指導や適切なフォームで行うことが重要ですので、ゴルフトレーナーやフィットネスインストラクターのアドバイスを受けながら取り組んでください。正しいトレーニングによって、ゴルフスイングのパフォーマンスを向上させましょう。

【肩甲骨の安定性を高めるストレッチ】

肩甲骨の安定性を高めるためには、適切なストレッチも重要です。特に背中や肩のストレッチを行うことで、筋肉の柔軟性を向上させることができます。以下に、肩甲骨の安定性を高めるためのストレッチ方法をご紹介します。

  1. 背中のストレッチ: 背筋を伸ばし、両手を頭の後ろで組みます。ゆっくりと背中を反らせ、胸を張りながら上体を後ろに倒していきます。この状態で10〜15秒間キープし、ゆっくりと元の姿勢に戻します。これによって、背中の筋肉をストレッチし、肩甲骨周辺の柔軟性を高めることができます。
  2. 肩のストレッチ: 一つは、片腕を水平に伸ばし、もう片方の腕で伸ばした腕を引っ張るようにして体の前方に持っていきます。この状態で10〜15秒間キープし、反対の腕でも同様に行います。これによって、肩の前側や上部の筋肉をストレッチし、肩甲骨の可動域を広げることができます。

また、スイング前やゴルフラウンド後に時間を取ってストレッチを行うことが重要です。ウォームアップやクールダウン時に十分なストレッチを行うことで、筋肉の緊張をほぐし、肩甲骨の安定性を高めることができます。ストレッチの際は、無理な力を加えずに、ゆっくりと行うことがポイントです。

適切なストレッチとトレーニングを組み合わせることで、肩甲骨の安定性を向上させることができます。しかし、個々の身体状態やゴルフスイングの特性に合わせたプログラムを作成するためには、専門家の指導が有益です。ゴルフトレーナーやフィットネスインストラクターに相談し、適切なストレッチとトレーニング方法を学んでください。正しいケアを行うことで、ゴルフの飛距離向上に繋がる肩甲骨の安定性を得ることができます。

【まとめ】                                                                    最後に、個別の体格や体力に合わせたトレーニングプログラムを組むこともおすすめです。ゴルフのプロやトレーナーと相談しながら、効果的なトレーニング方法を見つけることが大切です。肩甲骨の安定性を高めることによって、スイングの安定性が向上し、力を効果的に伝えることができます。その結果、クラブヘッドのスピードや飛距離が増加するでしょう。

肩甲骨の安定性を高めるための努力は、ゴルフの飛距離向上だけでなく、ゴルフスイング全体の安定性や正確性にもつながります。正しい姿勢や肩甲骨の使い方を意識し、トレーニングとストレッチを継続的に行いましょう。また、個別の体格や体力に合わせたトレーニングプログラムを組むことも重要です。

ゴルフの飛距離向上には、飛距離を制限する要素を改善することが不可欠です。肩甲骨の安定性を高めることは、その一つです。効果的な肩甲骨トレーニングと正しい姿勢の習得によって、飛距離向上に大きな効果をもたらすことができます。

肩甲骨の安定性を高めるための努力は、初心者から上級者まで、どのレベルのゴルファーにとっても重要です。飛距離を追求するだけでなく、ゴルフスイングの安定性や正確性を向上させるために、肩甲骨のトレーニングを継続的に行いましょう。正しいフォームと効果的な筋力バランスを備えた肩甲骨は、あなたのゴルフスイングにおいて大きな差を生み出すでしょう。

TEL.080-3882-7251
メールフォームからのご予約
PAGETOP