ゴルフパフォーマンストレーニング

飛距離アップの秘訣!肩甲舌骨筋とゴルフスイングの関係

ゴルファーの皆さん、こんにちは!ゴルフの飛距離アップには様々な要素が影響しますが、今回は肩甲舌骨筋とゴルフスイングの密接な関係にフォーカスしてみましょう。

この筋肉の機能低下はスイングの正確性やパワー伝達に悪影響を及ぼし、飛距離の向上に制約を生じる可能性があります。肩甲舌骨筋の機能は、正しい姿勢を維持するのにも寄与します。特に、前傾した姿勢を矯正し、肩甲骨を正しい位置に保つことで、姿勢の安定性をサポートします。

肩甲舌骨筋は、ゴルフスイングにおいて重要な役割を果たす筋肉の一部です。スイングの際には、肩甲舌骨筋が正常に働くことで、クラブの振りや体の回転がスムーズに行えます。しかし、この筋肉が機能低下すると、スイングの一貫性や力の伝達が低下し、飛距離の向上が難しくなります。


【事例】

プロゴルファーの中には、肩甲舌骨筋の機能低下により飛距離が制約されていた事例があります。例えば、スイング中に肩の痛みや違和感を抱え、正確で力強いスイングが難しい状況に直面していました。

肩甲舌骨筋の特徴は、人体の背部に位置する筋肉で、肩甲骨(肩甲骨)と肋骨(肋骨)を結ぶ重要な役割を果たします。この筋肉は複数の部分から構成され、それぞれが異なる機能を担当しています。


【原因】

筋力不足:肩甲舌骨筋の十分な筋力がないと、スイング時のパワー伝達が低下します。

姿勢の乱れ:不適切な姿勢が、肩甲舌骨筋の正常な動きを妨げる可能性があります。

過度なトレーニング:適切でないトレーニングや過度なトレーニングが、肩甲舌骨筋に負荷をかけ、機能低下につながることがあります。

肩こりは日本の国民病とも言われており、長時間同じ姿勢でスクワークやパソコン続けることやスマホが普及したことによって、肩こりに悩まされる方が増えています。 また、ストレスが多い現代社会においてストレスによる筋肉の緊張が肩こりを引き起こすこともあります。 このような背景から、肩こりは日本の国民病として認知されています。

【対策】

肩甲舌骨筋のトレーニング:筋力トレーニングやストレッチを通じて、肩甲舌骨筋を適切に鍛え、柔軟性を向上させます。

姿勢の改善:正しいスイング姿勢を意識し、体幹の安定性を確保することで、肩甲舌骨筋の正常な動きをサポートします。

適切なトレーニングプログラム:ゴルフ特有のトレーニングプログラムを導入し、肩甲舌骨筋に適したトレーニングを行います。

適度な休息:適切な休息とリカバリーを確保し、過度なトレーニングからの回復を促進します。

【まとめ】

肩甲舌骨筋の機能低下は、ゴルフスイングと飛距離アップの間に直結する問題です。適切なトレーニングや姿勢の改善を通じて、この筋肉の機能を向上させることで、飛距離アップに寄与できるでしょう。個々のゴルファーに合ったアプローチを見つけ、理想のスイングを手に入れましょう。

TEL.080-3882-7251
メールフォームからのご予約
PAGETOP