ブログ

リバースピボットの罠から解放!正しい体重移動で飛距離アップの秘訣

こんにちは、福岡市ゴルフトレーニング専門ジムゴルフトレーニング研究所代表村上辰美です(^^)

本日は、左膝の使い方とリバースピボットの関係性について説明していきたいと思います。

左膝の使い方がゴルフスイングにおいて重要であり、左膝の使い方を変えることでスイングの安定性飛距離に影響が出ることがあります。

普段左膝に注意を払っていない方も、その使い方を見直すことでスイングにおける悩みが解消される可能性があります。

また、左膝の使い方が少し違うだけで、ショットの飛距離や安全性を損なっている可能性もありますよ。左膝の使い方を変えることで、予防できるミスやメリット、具体的に何を意識すると良いのか、確認していきましょう!


リバースピボットとの関係性

正常な体重移動と逆にトップポジションで左足に体重がかかり、インパクト前からフォローにかけて右足に体重が残る状態を指します。この状態では飛距離が伸びず、ミスショットが生じやすくなります。

具体的なデメリットとして、力が分散してボールにパワーが伝わりにくく、飛距離が不足する可能性があります。また、クラブヘッドが下から入ってくるため、ダフりトップのリスクが高まります。


リバースピボット対策

リバースピボットを克服するためには、正しい体重移動を意識し、トップでの右足への適切な移動を重視する必要があります。これにより、ボールへの力強いインパクトが可能となり、ミスショットを減少させることが期待できます。

ゴルフトレーニング

まとめ

左膝の使い方がゴルフで重要で、これを改善するとスイングが安定し、飛距離も伸びやすくなります。左膝のポイントに気を付けることで、今までの悩みが解消されることがあります。

リバースピボットは、トップで左足に体重がかかり、逆にインパクト前から右足に体重が残る状態を指します。これは飛距離不足やミスショットに繋がります。

デメリットとして、力がボールに伝わりにくく、ミスショットが起こりやすくなります。正しい体重移動を意識し、トップで右足に適切に体重を移動させることで、飛距離アップやミスの軽減が期待できます。

ご予約・お問い合わせは、
お電話やメールフォームより受け付けております。

\初心者も大歓迎!/
どんなスコアの方もお気軽にご相談ください

Tel.080-3882-7251
メールフォームからのご予約・お問い合わせはこちら

注意事項

  • お客様⽤の電話です。営業の電話はご遠慮ください。
  • パーソナルトレーニング中は、電話に出れないことがあります。その場合、折り返しこちらからご連絡いたします。
  • ご連絡なしに30分以上遅れた場合は、キャンセル扱いとさせて頂きます。
  • ご予約は前⽇までに御願い致します。

【完全予約制】

〒810-0054
福岡県福岡市中央区今川2丁目11-14
大濠ルッソヴィータ N-1(美整-BISEI-)

営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休

◆電車でご来店の方◆
地下鉄「⻄新駅」「唐人駅」から徒歩10分。
◆お車でご来店の方◆
当ジムには駐車場がございません。
近隣の駐車場をご利用ください。

詳しいアクセスはこちら

ご予約・お問い合わせは、お電話やメールフォームより受け付けております。

\初心者も大歓迎!どんなスコアの方もお気軽にご相談ください/

Tel.080-3882-7251
メールフォームからのご予約・お問い合わせはこちら

注意事項

  • お客様⽤の電話です。営業の電話はご遠慮ください。
  • パーソナルトレーニング中は、電話に出れないことがあります。その場合、折り返しこちらからご連絡いたします。
  • ご連絡なしに30分以上遅れた場合は、キャンセル扱いとさせて頂きます。
  • ご予約は前⽇までに御願い致します。

【完全予約制】

〒810-0054
福岡県福岡市中央区今川2丁目11-14
大濠ルッソヴィータ N-1(美整-BISEI-)

営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休

[電車でご来店の方]
地下鉄「⻄新駅」「唐人駅」から徒歩10分。
[お車でご来店の方]
当ジムには駐車場がございません。
近隣の駐車場をご利用ください。

詳しいアクセスはこちら

TEL.080-3882-7251
メールフォームからのご予約
PAGETOP