ブログ

美姿勢の鍵は、心地よいインナーユニットの力

「ちょっと立ち止まってみませんか?」こんにちは、西新・唐人町パーソナルジムゴルフトレーニング研究所-代表の村上辰美です♪

皆さん、姿勢って大事だと思いませんか?でも、姿勢ってただ背筋をピンと伸ばすだけじゃないんです。実は、姿勢とインナーユニットには深い関係があるんですよ。

インナーユニットとは、体の中心を支える深層筋のこと。この筋肉がしっかり働くことで、姿勢が安定し、美しいラインを保つことができるんです。

猫背の特徴的な背中の丸まりは、胸部筋群(大筋、大胸筋、小胸筋)や上腕二頭筋が緊張や弱さによって引き起こされることがあります。これらの筋肉が緊張していると、背中が前に丸まります。

具体的には、腹横筋や多裂筋などがインナーユニットに含まれます。これらの筋肉が弱まると、背中が丸まったり、猫背が進行したりする可能性があるんです。

それでは、姿勢とインナーユニットの関係性をもう少し詳しく見てみましょう。

まず、姿勢が悪いと、インナーユニットが正しく機能しづらくなることがあります。例えば、デスクワークやスマートフォンを使う時間が長いと、腹部の筋肉が緊張し、インナーユニットの働きが鈍ってしまうことが。すると、背中が丸まったり、肩が前に出たりすることで、猫背の姿勢が進行してしまうんですね。

また、インナーユニットが弱まると、骨盤の安定性も失われてしまいます。骨盤が不安定だと、腰痛や骨盤の歪みの原因にもなることが。つまり、インナーユニットの弱さが、全身のバランスを崩し、健康にも悪影響を及ぼす可能性があるんです。

それでは、どうすれば姿勢とインナーユニットを良好な状態に保てるか。まずは、インナーユニットを意識して鍛えることが大切です。プランクや腹筋運動など、コアトレーニングを取り入れて、深層筋を鍛えることで、姿勢の改善が期待できます。

また、日常生活でも姿勢を意識しましょう。正しい姿勢を保つことで、インナーユニットがより効果的に働くことができます。スマートフォンを使う際も、背筋を伸ばし、姿勢を整えることを心がけましょう。

姿勢とインナーユニットの関係性は、健康的な体作りに欠かせません。美しい姿勢を手に入れるためには、深層筋を鍛えることと、正しい姿勢の習慣づけが大切です。健康で美しい体を手に入れるために、ぜひ意識してみてくださいね!

TEL.080-3882-7251
メールフォームからのご予約
PAGETOP