ブログ

飛距離アップのために知っておきたいゴルフスイングの股関節トレーニング

こんにちは、ゴルフのパフォーマンストレーナーのTATSUMIです(^^)本日は、ゴルフスイングの向上に悩むゴルファーへ、

ゴルフのスイングと飛距離アップにおいて股関節との関係性について話しをします。

ゴルフスイングの向上と筋肉の関係】 

ゴルフスイングは、理想的なスイングフォームを保ち、飛距離を向上させるために複雑な連動が必要なスポーツです。その際、股関節の安定性と筋肉のバランスが非常に重要です。股関節が十分に安定していない場合、スウェイやスライドなどのスイングエラーが生じやすくなります。股関節の安定性を高めるのに役立つ筋肉を見てみましょう。

⚫︎大臀筋の筋肉が適切に働くことで、スイングの力と安定性が向上し、飛距離が伸びます。また、大臀筋の働きはスライドを抑制し、スイングの安定性を高めます。

⚫︎中臀筋の筋肉は股関節の安定性を提供し、正確なスイングフォームを保つのに役立ちます。

⚫︎小殿筋は、特にトレンデンブルグ歩行に関連しています。トレンデンブルグ歩行は、股関節の安定性が低いことを示す兆候の一つで、ゴルフスイングにも悪影響を及ぼす可能性があります。小殿筋を強化することで、股関節の安定性を向上させ、トレンデンブルグ歩行を軽減できます。

⚫︎大腿筋膜張筋は、股関節の安定性に寄与し、スイング中に股関節を保護する役割を果たします。大腿筋膜張筋を強化することで、股関節の安定性が向上し、ゴルフスイングの制御が容易になります。

⚫︎内転筋は、股関節の安定性とバランスを維持するために重要です。特にスイング中に脚の位置を制御し、スライドを防ぐのに役立ちます。

股関節安定性とゴルフスイング

股関節の安定性は、ゴルフスイングの成功に直結します。股関節が安定していると、正確なフォームを保ち、力強いスイングを実現できます。それに対して、股関節が不安定だと、スウェイやスライドのようなエラーが起こりやすく、飛距離や正確さに悪影響を及ぼします。

したがって、ゴルファーが飛距離をアップさせ、スイングのパフォーマンスを向上させるためには、股関節の安定性を高めるトレーニングが不可欠です。これらの筋肉を強化し、股関節の安定性を高めることで、スイングエラーの発生を減少させ、理想的なスイングフォームを実現できます。

ゴルフスイングと飛距離UPトレーニング

ゴルフトレーニング

ゴルフのスイングと飛距離アップにおいて、股関節の安定性と筋肉のバランスは不可欠です。特に大臀筋、中臀筋、小殿筋、大腿筋膜張筋、内転筋は、スイングエラーの予防と飛距離向上に重要な役割を果たします。これらの筋肉を強化し、股関節の安定性を高めるためのトレーニングを取り入れましょう。飛距離が向上し、より正確なゴルフスイングを楽しむことができるでしょう。

TEL.080-3882-7251
メールフォームからのご予約
PAGETOP